ようこそ物理科学科へ


物理学は基礎的な学問なので社会との結びつきが薄い、卒業後の就職はどうするのか と疑問に思われるかたも多いかもしれません。 しかしながら、物理学は、もの作りをはじめ様々な分野のベースとなっており、 卒業生も様々な場で活躍しております。 社会人になったOBに具体的に語ってもらいました。

物理科学科OBからのメッセージ
~~~~~~~~ 物理科学科の卒業生は社会でどのように活躍しているの?


20世紀は物理学の時代と言われたように、物理学はここ100年間で目覚ましい 進歩を遂げ、私たちの生活を豊かにすることに貢献してきました。電子が発見され、原子の構造が 解明されてからたった100年しか経っていないということは驚きと言えます。

電磁気現象の解明から電子素子の発明、特に産業の米と言われる半導体、 現代社会で必須となったコンピューター など物理学の分野から発展してきました。科学・技術の基本である物理学はそれでも尚発展を続け、 超ミクロの世界の素粒子•ハドロンや最大スケールの宇宙の理解に向けて研究が進められると同時に、 特異な現象を引き起こす物質のメカニズムや量子力学的な振る舞いについての検証をおこない 自然科学を追求しています。

物理科学科では、自然科学を語るための言語といえる基礎的な数学(微分、積分、線形代数、 複素関数など)の習得を行いながら、自然を記述するための枠組みである力学( 古典力学、解析力学、統計力学、量子力学)を学び、我々の周りの多くの現象を司る電磁気学、さらに 物性物理学、宇宙物理学、相対性理論、素粒子物理などの現代物理の基礎を学びます。 卒業研究は研究室に配属され、より専門性の高い研究に着手する事で物理学の知識だけではなく、 物理学の方法論を学ぶ事になります。

物理学科のアドミッションポリシー

入試に関する最新情報は、アドミッションセンターの記載を参照すること。

物理科学科では、広範な自然現象を理解する試みを通して、現代の科学技術を支える 学力と、柔軟性に富んだ豊かな発想力を培い、広い分野で活躍できる人材を育成します。そのために、 以下に示すような学生を求めています。

  1. 理数系科目の学力に優れ、自然科学に対して強い興味を持つ人

物理学科で学ぶために必要な能力や適性等および入学志願者に求める高等学校での学習の取り組み

物理学における基本的な概念や法則を理解するためには、高等学校で履修する物理とス学の 基本的事項の理解および計算能力だけでなく、それらの知識に基づく論理的な思考力が求められます。 また、実験や観測を通して法則を見出すための洞察力も必要です。さらに、専門的な知識や考え方を 習得するためには、海外の文献にも目を通すことが必要であり、高等学校の教科書レベルの英文 読解力が求められます。一方、専門科目に限らず大学の講義や演習では、情報の収集、文献読解 およびレポートの作成など、情報種集力や文書作成能力が求められるため、高等学校で学ぶ国語 や社会の基本的な知識や考え方を習得しておくことが必要です。

物理科学科への入学方法

詳細は年度毎の募集要項を必ず確認してください。佐賀大学入試情報(アドミッションセンター) へのリンク